「成功するためには「絞って尖る」ことが重要です!」

極小なマーケットで圧倒的な一番を目指しましょう!

■経営の選択肢には正解と間違えがあります。
 正解を選択せねばなりません。
 さらに、正解もたくさんあります。これが厄介です。
 正解と間違えを選択することは案外容易です。
 少し勉強すればわかります。
 正解の中からやるべきことを選択する、
 これが最も難解です。
 
■少しアンテナを張っていると、正しいであろう情報がどんどん飛び込んできます。
 多くの正解の中から、自社にとっての正解を選択する方法を考えてみましょう。
 
1.自社(社長)が得意かどうか?
2.自社(社長)が好きかどうか?
3.自社(社長)の力相応かどうか?
 
得意なことをやるべきですね。そうでないと、仕上げるまでの時間とコストがかさみます。
IT音痴の社長は、システム開発事業を始めるべきではありません。
好きなことをやるべきですね。そうでないと疲れます。
ラーメン嫌いの社長は、ラーメン店を始めるべきではありません。
 
一方、力相応かどうかの判断が難解です。
得意であっても、好きであっても、力不相応な事業は絶対に成功しません。
 
ITが得意で好きであっても、YahooやGoogleのようなポータルサイト事業を手掛けることは極めて難解です。
優秀なエンジニアであっても、トヨタ自動車や日産自動車のような総合自動車メーカーを狙うのは得策ではありません。
これほど極端ではなくても、『力不相応な事業』にチャレンジすることで失敗する事例は少なくありません。
 
■小さな会社が大きな分野やテーマを最初から狙うべきではありません。
 最初は小さな分野やテーマを、『そんなマーケットあるの?』と思えるぐらい小さな分野やテーマから攻めるべきです。
 ○『徹底的に絞って尖る』
 ○『極小なマーケットで圧倒的な一番を目指す』
 小さな会社が成功するためには、この二つを意識すべきです。
 
 
直近(3月)の新規上場予定のベンチャー企業も、その事業領域を絞り込んで尖らして
います。決して総花的ではありません。
 
・株式会社ヒューマンウェブ(3月19日上場予定)
 牡蠣を主体とするレストラン(オイスターバー)の直営店舗経営及び牡蠣の卸売事業
 
・株式会社エスエルディー(3月19日上場予定)
 『カワラカフェアンドダイニング』ブランド等での飲食店舗の展開
 
・株式会社エムケイシステム(3月17日上場予定)
 社会保険、労働保険等に関する業務支援ソフトウェアの提供
 
・株式会社コラボス(3月17日上場予定)
 クラウドサービスとして、コールセンター運営に必要な諸機能を提供する事業
 
※尖った事業例としてご紹介しています。投資の推奨ではありません。
 
上場を果たすレベルのベンチャー企業も、上場時点ではニッチに特化しています。
成熟した日本において事業を成功させるためには、『絞って尖る』ことをお勧めします。
 
また、自社(社長)が『得意&好き&力相応』な事業に取り組んでおられるか、再度ご確認ください。
 
 
○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の 財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。
○金融機関対応・補助金に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP