「倒産回避資金を調達しましょう。」

金融機関の決算月となる3月は資金調達のチャンスです。

銀行の営業は少々特殊です。「融資の提案」が一般企業の営業にあたりますが、融資をすれば同時に貸倒れのリスクも発生しますので、貸したいような貸したくないような複雑な心境で営業をしています。
 
また、資金使途が適切でなければ融資が出来ない点も営業を難しくしています。お客様から融資を受けたいという意思表明があり、かつ信用状況が良くても、実需に伴う資金使途が無くては融資をすることができません。
「事業に必要な土地を買うので融資を受けたい。」というのは問題ありませんが、「将来の値上がりを見越して土地を買うので融資を受けたい。」という理由は適切ではありません。銀行が投機目的の土地、株、ゴルフ会員権、保険などの購入資金を積極的に融資したことで、資産バブルが発生した過去の反省があります。
 
株やゴルフ会員権は事業との関係性が薄いので分かりやすい例ですが、実は事業資金である運転資金も同じです。その企業にとって必要と考えられる運転資金の額を算出する算式があり、それを超える融資はたとえ与信があっても難しくなります。事業資金であっても実需の範囲内でしか融資を行わないというスタンスです。
 
当事務所では、不測の事態に備えて「借りられる時に借りられるだけ借りておく。」ことを提唱しておりますが、実は不測の事態に備えるための「倒産回避資金」なる資金使途はありません。あくまでも運転資金として調達しなくてはなりませんが、先ほどの算式で得た額を超える運転資金を調達するのは、少しだけコツが必要です。
 
運転資金の融資を多めに受けられるコツのひとつは、銀行の決算です。融資残高の目標がありますので、一般企業の決算セールのような動きが銀行にもあります。
当事務所にも多くの銀行担当者が「3月末までに○○億円を融資したいので融資先を紹介して欲しい。」と挨拶に来られます。普段は企業の側から融資を依頼される銀行ですが、この時期は銀行の方から企業に融資を依頼しますので、少しだけ実需を超えて資金を融資してもらえるケースがあります。
 
借金が増えるのは嫌だからと銀行からの融資提案を断る社長様もおられますが、借金があっても同等の預金があれば実質無借金です。将来の不測の事態に備えて借りることをためらわず、キャッシュポジションを高く取っておくと安心です。もちろん借りた資金を使う時には大いにためらってください。
2,3月は倒産回避資金を調達するチャンスです。
ご興味のある方はご相談ください。

〇 銀行対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。
  お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP