「創業計画(事業計画)はなぜ必要か?」(その2)

創業事業計画は、「事業パッケージ」の設計に力点を置いてください。

…「計画通りに進まない」この達観も必要です。
 
創業(開業)初期には、創業赤字が発生します。創業日当日は赤字でしょう。創業月も赤字でしょう。赤字期間は資金が沈み続けます。資金が底をつくまでに、黒字に転換しなければ、事業は継続できません。
(※財務的な黒字と資金の黒字とは、厳密にはイコールではありません。ここでは資金黒字、資金赤字を指します。)
 
○では、いつ黒字になるのでしょうか?
○何を基準に赤字・黒字を判断するのでしょうか?
 
■創業に必要な最低限の「事業パッケージ」を決めることから始めましょう。
〔例〕
・従業員は2名必要…人件費
・事務所は10坪必要…保証金や備品
・自身の費用は月にいくら必要…役員報酬(生活費)
・その他費用は…
等々
必要な初期投資とランニング費用が算出されます。必要資金と月次の損益分岐点がわかります。自分自身が設計した「事業パッケージ」に沿って、事業の黒字ラインが決まります。
 
■創業事業計画は、「事業パッケージ」の設計に力点を置いてください。この、創業に必要な最低限の「事業パッケージ」、これは創業の成否を決める大きな要因になります。
 
1.この「事業パッケージ」が大きすぎて、黒字化するまで資金が持たない、または、実力不足でいつまでも黒字化できない。
 
2.この「事業パッケージ」が小さすぎて、事業が立ち上がらない。
 
前者が多いのですが、案外後者も少なくありません。
 
○月商400万円が月次損益分岐点売上高の飲食店、十分な経験がなければ、決して容易な売上高ではありません。相応のメニュー・立地・マネージメントが必要になります。初めて飲食店を開業される方には、重すぎる「事業パッケージ」です。初めて飲食店を開業されるのなら、半分以下の損益分岐点を想定される方がよいでしょう。(上記1)
 
○スタッフを3人雇って開業する○○コンサルティング、相応の事務所を構えて、広告にも費用をかける、月次損益分岐点売上高は350万円になります。相応の実績や経験がなければ、損益分岐点売上高としては小さくない計画です。スタッフを3人雇うので、当初から受注が必要、故に、広告にも大きな費用を投入する、このような論理で費用は膨らみます。スタッフ1名から始めることができれば、損益分岐点売上高は、100万円程度引き下げることができます。(上記1)
 
○逆に、事務所も置かず、人も雇わず、1円創業・一人開業の●●コンサルタント、営業費用もかけずに足で稼ぐ、月次の損益分岐点売上高は50万円になります。スタート時はこれでよいとする考え方もありますが、相応の顧客を獲得することもできず、鳴かず飛ばずで終わることも少なくありません。お金をかけなければ良い、こんな単純な話でもありません。(上記2)
 
■「計画通りに進まない」この達観が必要です。
 
売上の主体は他人・世間です。自分の思い通りに行かないことが多いものです。一方、費用や投資は、自分自身が主体者ですので思い通りに進みます。
創業計画の内、費用や投資は計画通りに執行されますが、売上は予定通りには上がらない、これがそもそも計画と言うものです。そんなものです。この達観が必要です。
 
思い通りに行かない計画を軌道に乗せるためには、努力を継続する時間を稼ぐしか他に方法はありません。粘ることです。粘るためには、当然資金が必要になります。
 
実力以上の大きな損益分岐点売上高を自らが設定して、粘る時間を敢えて短くする必要はありません。また、創業初期には、この粘る時間を少しでも稼ぐために、積極的に資金調達に動くべきです。
 
■創業時には…
 
○自分自身にとって最適な「事業パッケージ」を設計してください。
○「計画通りに進まない」この達観を持って、「計画通りに進まない」ことに備えてください。
備えるために資金調達に励んでください。
 
上記の仮説を持って、専門家にも相談してください。
 
※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。
我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。
遠慮なくご相談ください。
 
 
 
○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。
○金融機関対応・補助金に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP