資金調達・銀行融資でお悩みの経営者様へ

資金調達・銀行融資について以下のお悩みをお持ちではないですか?

・借入の相談に応じてもらえない
・返済方法の相談に応じてもらえない
・借入についてがよく理解できていない
資金調達に有利な決算書を作りたい
資金調達を見越した財務体質にしたい

借入に抵抗がある
・税理士が借金に否定的である
・資金繰りについてよく理解できていない
日本政策金融公庫を活用したい
                  等々・・・

資金調達のお悩み、まずはお気軽にご相談下さい!

会社を健全に経営するには資金調達は避けて通ることができません。

創業資金・増加運転資金・借換など、『資金調達力』はビジネスを成功させる上で欠かせない力の一つですが、どんな税理士が付いているかによって『資金調達力』は大きく変わります。

資金調達に弱い税理士は、試算表を出さない、資金調達に強い決算書を作れない。など、とにかく資金調達の足を引っ張ります。
一方で資金調達に強い税理士は、いつでも顧客の要望に応じて試算表を出してくれますし、資金調達を考慮した決算書を作成します。
同じ業績であっても、どのような決算書を作るかによって資金調達の結果に大きく影響します。
さらに、資金調達に強い税理士事務所は金融機関から「顧客を紹介してくれ」と日々営業を受けており、積極的に顧客へフィードバックし、資金調達を支援することが可能な状況にあります。

どうして資金調達に強い税理士に相談すべきなのか

税理士によって資金調達の結果に大きな違いが出ます!

税理士の中にも節税に強い、不動産投資の分野に強い、事業経営戦略に強いなど、得意分野があります。同じ税理士であっても得意分野と不得意分野では、知識・ノウハウに大きな実力の差がありますので、 アドバイスにも当然差が出ます。

また、資金調達に弱い税理士は、試算表を出してくれなかったり、資金調達に強い決算書を作れなかったり、とにかく資金調達の足を引っ張ります。

一方で資金調達に強い税理士は、いつでも顧客の要望に応じて試算表を出してくれますし、資金調達を考慮した決算書を作ります。

同じ業績であっても、どのような決算書を作るかによって、資金調達の結果に大きく影響することがあります。

その他、税理士事務所は、金融機関から「顧客を紹介してくれ」と日々営業を受けており、資金調達に強い税理士事務所は積極的に顧客へフィードバックし、資金調達を支援します。

 

資金調達・銀行融資でお悩みの経営者様、
資金調達・銀行融資に強い税理士に相談してみませんか?

banner01

資金調達・銀行融資に強い税理士に相談するメリット

未来における資金残高が見え、事前対策が可能になります

予測資金繰り表を作っていると、未来において資金残高がマイナスとなり資金ショートの可能性が見えることがあります。
あくまでも「このままでは」という予測の資金繰りですので、資金ショートを回避するには、どれほどの売上を確保する必要があるのか、経費の削減をはできないか、銀行から運転資金の融資を受けられるか、資金調達できないのであれば、銀行の返済を止めなければならないほどの状態なのか、ということを検討します。

 安定した経営が可能になります

資金繰り管理をしていないと、資金ショートを起こす間際になって「大変だ!」と、焦って銀行に駆け込んで「貸して下さい!」ということになってします。それでは、安定した経営をすることはできません。
しっかりと資金繰り管理をしていれば、いつ資金不足になるのか把握でき、余裕を持って融資の申込みができます。そして万が一、融資を断られてもすぐにリスケジュールの交渉に入るなど次の対策を立てる余裕を作ることができます。
その場しのぎの資金繰りから解放され、早め早めに対策を打つ余裕を持てるということは、経営上大きなメリットです。

経営状況に応じた借換のメリット

①会社の業績が良いとき

強い会社、強くなる会社は、業績が良い時にこそ真剣に取組んでいます。
なぜ、会社の業績が良いときに『借換』が必要か?それは、『資金調達力(資金調達コスト)』を改善できる唯一のチャンスだからです。

また、『資金調達力(金利の低さ)』は、別の角度から見ると、金融機関からみた『会社』及び『社長』の経営力の審査結果でもあります。会社の業績は良いときばかりではありません。
税理士法人柳澤会計が金融機関の金利政策情報をキャッチし、目標とすべき『金利』をご提案し、金融機関との交渉に臨みます。
最新の新潟の優良企業の資金調達コストを把握しており、また、お客様の財務も理解しており ます。その上で今後の動向を交えて、真剣に金利引下のお手伝いをいたします。
そして、会社及び社長の評価を最大限にアップさせます。

②会社の業績がよくないとき

借換は『会社の業績がよくない』ときに、事前に調達に取組むことが必要です。
資金がショートしそうになってからの調達は、『時間』『コスト』ともに増加し、また心理状況もよくなく、資金繰りの為の経営になってしまいます。
『この最悪の状況に陥る前の資金手当ができるか否か』が、会社が復活できるかどうかにかかっています。
早めの財務状況の確認と中期的な資金繰りと根本的な経営改善。
これらを早めに対策提案できるのが新潟会計アシストです。
ズバリ、新潟会計アシストがお手伝いいたします。
早めの対策で、平常心にて経営できる環境作りをお手伝いいたします。

③どちらでもないが、資金繰りを改善したいとき

何事も無い状況でも、借換が必要になります。

・返済スピートが(利益に対して)早すぎるとき。
・減価償却のスピードと返済スピードが連動しないとき。
・運転資金と設備資金を区別せず(区別できずに)に、まとめて資金調達したとき。
・借入の口数が多いとき。

事業は、資金調達の良し悪し(上手下手)で、全くことなる経営となります。
事業計画にリンクした正しい調達ができなければ、投資・平常経営の舵取りが難しくなります。
新潟会計アシストは、正しい調達と、調達の軌道修正に適時に対応し、社長の成長のお手伝いいたします。

まだ税理士を付けていない経営者様へ

 資金調達に強い税理士がオススメです。

もしあなた様が事業経営者で資金調達をお考えで、まだ税理士を付けていないとしましたら、一刻も早く、資金調達に強い税理士を顧問にされることをお勧め致します。

資金調達実務におきましては、日々の会計帳簿、試算表、決算書は必須提出書類であり、揃っていない場合は門前払いです。

また、やっつけで作成した書類を信用してくれるほど金融機関は甘くはありません。

ご自身に豊富な経理経験と税務知識があるなら話は別ですが、そうでなければ、きちんと顧問に税理士を付けて、税理士の作成した書類を提出するようにしてください。 (もちろん、経営者自身が数字の把握をしておくことも必須です。)

顧問税理士が資金調達の相談に応じてくれないという経営者様へ

 ポイントは得意分野の見極め。

税理士は、その立場及び業務上、最も資金調達を支援しやすいポジションにいます。

あなたの業績やお金の流れを完全に把握しているにも関わらず、融資相談をしても何のアドバイスもなく、資金調達支援にも消極的だとしたら、その税理士は資金調達に強い税理士ではありません。

それは決して無能な税理士と言うわけではなく、単なる得意分野の問題に過ぎません。(資金調達には弱くても、節税には強い税理士なのかもしれません。)

選んだ税理士と、その得意分野、そしてあなたのニーズがミスマッチしているだけなのです。そのような場合には、早急にご自身のニーズにマッチした、資金調達に強い税理士へと変更することをお勧めします。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP