税務調査

弊所 内山が、税務調査士に(TP_I)認定されました

認定書

税務調査士(TP_I)とは

hiroyuki_uchiyama税務調査士(TP_I)とは、日本経営税務法務研究会が、税理士・通知弁護士を対象に、「税務調査」のプロ中のプロを養成すべく始めた認定制度で、税務調査(Investigation)の実務分野についての認定資格です。

税務調査は、申告が適正か否かを調査し、適正でないときは更正をする手続きです。

税務調査は税務実務の中核で、これを正しく理解し、実践することで、税務コンプライアンスが確立し、適正な税務実務を構築することができます。

すなわち、税務調査を適切に理解すると、税務調査の現場でどう対応するかよりも、税務調査以前の段階での税務実務の実践がいかに重要かが分かります。

例えば、経営活動をするときに、税務・法務の両面からの準備が必要になります。
法的判断と税務的判断を統合した、税務コンプライアンスの実践が必要なのです。

この実践があれば、税務調査を恐れることはなく、国税側と見解の相違があっても、更正を受けた後の不服申立てや税務訴訟でも、極めて有利な立場に立てます。

税務調査についても税理士法人新潟会計アシストにお任せください!
 

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP