「年商1,800万円の飲食店経営者が1,200万円の新店舗出店資金を調達した事例」

中小企業にこそ財務部長がいれば重宝します。

営業が深夜に及ぶ飲食店経営者にとって、新店舗出店に伴う銀行対応は非常に大変です。個人事業主として飲食店を経営するW氏が、2店舗目出店資金1,200万円を調達した事例をご紹介します。
 
■ 関与先様の概要
事業主名:W氏
業種:飲食店経営
業歴:創業4年目
直近年商:1,800万円
 
■ ご相談の経緯
弊所関与先であるW氏より、「2店舗目の出店を考えているが、毎日深夜まで現場に入っており、銀行対応の時間が取れないので資金調達のサポートをお願いしたい。」との依頼がありました。
 
■ 必要調達金額の算出
W氏が想定している出店費用と、必要と思われる運転資金の額、可能と思われる借入額をすり合わせていき、備品を含む設備投資金額が1,300万円、運転資金が300万円、計1,600万円の投資計画を立てました。調達は自己資金が400万円、金融機関からの必要借入額は1,200万円です。
 
■ 調達先の選定
W氏の直近年商は1,800万円です。新店舗出店資金とはいえ、1,200万円の借入は若干重たいと感じます。よって、1行からの調達ではなく2行に分けて調達をすることにしました。協調融資です。
 
■ 開業計画書の作成
W氏と打ち合わせた内容を基に開業計画書を作成しました。事業主の概要に始まり、投資及び調達の計画、資金繰り計画等、金融機関の審査ポイントを押さえた計画書です。
 
■ 調達先の選定
今回は協調融資ですので、弊所が日ごろから懇意にしている日本政策金融公庫とA信用金庫に相談することにしました。日本政策金融公庫と信用金庫の担当者、及び弊所にて合同ミーティングを行い、日本政策金融公庫が
900万円、A信用金庫300万円の融資を検討するという方向性が決まりました。
 
最終結果は、ミーティングで取り決めたとおり、日本政策金融公庫で900万円、A信用金庫で300万円、
合計1,200万円の資金調達が出来ました。W氏からは、「金額がやや大きかったので心配していたのですが、やはりプロですね。2行を巻き込んで協調で融資を受けるというアイデアは私にはありません。1行に申し込んで融資額を減額されていたら、投資計画から変更しないといけないところでした。また、銀行対応の殆どを引き受けて頂いたので、私は店舗営業に専念することができました。」とおっしゃって頂きました。
 
弊所の財務コンサルティングサービスは、このように貴社の財務部長を代行するサービスです。本当は中小企業こそ財務部長がいると重宝します。お気軽にお問合せください。
 
 
〇 銀行対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会 正会員事務所である当事務所にて承っております。
  お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP