「起業時にやってはいけないこと、やるべきこと。」

「起業時にやってはいけないこと、やるべきこと。」

資金・人・モノに余裕を持って起業できる人は多くありません。
ほとんどの人は、我慢しながら事業を立ち上げます。
 
■この状況の中で、やってはいけないことがあります。
 
ご確認ください。
1、美味しい話に乗ってはいけません。
・力のある企業は、力のある企業としか取引しません。力のない自社に、分不相応の美味しい話は絶対に回ってきません。
「こんな大きな商談が有って、うまく行くとこんなに儲かる」と本気?で語る人がいますが、すべて眉唾もんです。すべてです。
・美味しそうな商談話が舞い込んできたら、何故その話が自社に来るのか?この商談を受ける必然性が自社に
あるのか?と考えてください。必然性が無ければまとまりません。やり過ごしてください。
 
2、大き過ぎる売上の案件を受注してはいけません。
・身の丈を超えた大きな売上の事案を受注すると、実力以上の  リスクを抱えることになります。
・大きな売上に対しては、大きな役務の提供が必要になります。
・大きな売上に対しては、大きな原価の支払いが発生します。
・大きな売上を回収するリスクが発生します。
・大き過ぎる売上には、大き過ぎる役務と原価、さらに大き過ぎる回収リスクが伴っていることを肝に銘じて
ください。
・ひとつでもつまずけば、その時点で倒産です。
 
3、安売り・ディスカウント受注は、絶対にしてはいけません。
・売れないのは商品力・サービス力が足りないからです。
・仕事が取れないのは、これも商品力・サービス力が足りないからです。
・これらの不足分を価格で補おうとするのが安売り・ディスカウント受注です。
・安くすると儲からないのに忙しくなります。繁盛貧乏は会社を疲弊させ、考える時間を奪います。
 
4、低粗利益率ビジネスに参入してはいけません。
・小さな会社は高い粗利益率を確保してください。
・粗利益率15%未満のビジネスは、資金力のある会社が取組む領域です。ある意味金融業です。
・粗利益率15%以上30%未満のビジネスは、一定の資金力と、相当高度な経営力を持ち合わせている会社が
取組むビジネスです。
・出来れば粗利益率が40%以上のビジネスモデルを構築ください。
 
5、簡単にあきらめてはいけません。容易に流されないでください。
・成功を収めた会社でも、最初から予定通り立ちあがった会社はほんの一握りです。
・当初想定したビジネスモデルを修正しながら、手を替え、品を替え努力を積み上げる中で、やっとの思いで
成功を手中にしています。
・簡単にあきらめて、次から次へとビジネス分野の浮気を繰り返してはいけません。物になりません。
 
6、ジタバタ動き過ぎないでください。
・焦る気持ちを抑えて、じっくり腰を据えて考える時間を十分取ってください。
・考えながら小さく試して、小さな成功事例を確実に作ってください。
・オペレーション(社員数など)を慌てて大きくしてはいけません。
 
■この状況の中で、やり続けて行かねばならないことがあります。確認ください。
 
1、資金調達に励んでください。
・創業者のミッションは、うまく行くと信じて、その事業が軌道に乗るまでの資金をつなぎ切ることです。
・資金が枯渇したらその事業は終わりです。資金調達に励んでください。
 
2、自社の経営について、24時間、365日考え続けてください。
・どうしたらうまく行くのか?何を変えるべきか?次は?脳細胞が破裂するぐらい考えて、考え抜いてください。
・この継続した深い考えの中から、成功のためのヒントと幸運を引き寄せることが出来ます。
・仕事をしながら考え、食事をしながら考え、休息を取りながら考え、寝ながら考える、成功する社長はこんな
生活を楽しく送っています。
 
3、勉強を続けてください。
・経営者の知見の差が、そのまま経営実態の差になります。知見のある社長が経営するのと、そうでない社長が
経営するのとでは、その結果には大きな差が生まれます。当然です。
・体系的、網羅的に経営を学んでください。切りがありませんが、生涯勉強です。
・まずは、会計を学ぶことをお勧めします。会計がわかれば、「大きな売上のリスクや低粗利益率ビジネスの
難しさ」を実感できます。
・無知の損にならぬように勉強を続けてください。
 
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。
あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP