「過去の判断の結集が今日の経営の実態です。(京セラ名誉会長・稲盛和夫氏)」

過去の判断の結集が今日の経営の実態です。(京セラ名誉会長・稲盛和夫氏)

◆その1:判断の対象を絞ること。
◆その2:感情ではなく理性を基準に判断を下すこと。
 
■「過去の判断の結集が今日の経営の実態です。」(京セラ名誉会長・稲盛和夫氏)
 
過去の判断が総じて正しければ、今日はうまく行っているはずです。逆に、過去の判断に間違えが多ければ、今日の経営はうまく行っていないはずです。未来に向かっての判断の結集が、未来の経営の良し悪しを決めます。未来に向かっての判断の精度を高めて行かねばなりません。
 
経営者(人)は、毎日多くの判断を下しています。
(一週間に136との統計値もあります。出所が定かではありませんので参考程度に考えてください。)
経営者の一番の仕事は判断することです。
 
■判断の精度を向上させるための留意点について考えてみましょう。
 
◆その1:判断の対象を絞ること。
 
日々多くの判断を迫られる中で、判断の精度を高いレベルに維持するためには、判断すべき対象の絞り込みが必要です。この時に参考になるのが、パレートの法則です。大切な20%の事案に集中してエネルギーを注ぐこと、つまらない事案に多くの時間を費やさない、との戒めになります。人はその重要性よりも、感情や感覚を優先してしまいがちです。嫌なことから逃げ、好きなことに関わる…注意が必要ですね。重要性の原則に沿って、判断材料を選別してください。
 
○「パレートの法則=20対80の法則」とは…
『判断の20%が80%の結果を生み出している。』とする法則です。
(イタリアの経済学者、ヴィルフレド・パレート)
 
◆その2:感情ではなく理性を基準に判断を下すこと。
 
経営者(人)は、何を基準に判断しているのでしょうか?
稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)は、以下の基準を挙げておられます。
・一番程度の低い判断基準は『感情』。
・次の基準は『感覚』。
・その上の基準は『理性』。
と述べられた上で、『理性』は(本当は)判断基準にならないと、くぎを刺されておられます。『理性』は判断材料を提示するものであって、判断基準は他にあると…。稲盛和夫氏は、最上級の判断基準を『魂』とおっしゃっておられます。多分、『集約された知見』のことだと、解釈できます。『理性で整理された判断材料を基に、知見で判断する』…こう解釈できます。
 
人は、感情に支配された判断や行動を時に選択します。激情的な感情が心を支配して、とんでもない判断や行動を起こしてしまいます。また、些細な感情のしこりに惑わされた判断を下すこともあります。感情に支配された状況での判断は、総じて間違えが多くなります。少なくとも、理性に支配された状況で判断を下すことが必要です。体調が悪い時、機嫌が悪い時には判断しない、この決め事も有
効ではないでしょうか。
 
■整理します。
 
1.たくさんの判断すべき対象に対して、総花的に向かい合うのではなく、重要事案に集中して対応しましょう。
 
『判断の20%が80%の結果を生み出している。』パレートの法則を思い出してください。
 
2.『感情』を基準に判断しないように心がけましょう。
『理性で整理された判断材料を基にした知見』を基準に置きましょう。
 
体調が悪い時、機嫌が悪い時には判断しない、この決め事も有効ではないでしょうか。
 
 
自社・自分の未来を決める「今行っている判断」の精度を、意識して向上させましょう。特に、判断に感情を出来るだけ持ち込まないこと、重要な判断は体調と心を整えてから行うこと、この二点はコツとしてご理解ください。
 
 
○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。
○金融機関対応・補助金に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP