『良い借入と悪い借入』

『良い借入と悪い借入』

銀行借入に救われた会社… 銀行借入に苦しんだ会社… 
借入には多様な側面があります。良い借入と悪い借入を考えてみます。
 
■ 売上の増加に伴う仕入資金不足を補うための借入。
「売上が伸びる」という好調な環境の中で発生する資金需要です。良い借入です。売上代金の回収が確実で
あれば、積極的に借入を行いましょう。但し、販売先の倒産、不良品の返品などが発生すれば、借入だけが
残ってしまうことになりますので注意が必要です。また、売上金の回収時期と仕入代金の支払い時期を合わせるなどして、そもそも運転資金が不要になる努力をすることも大切です。
 
■ 本社ビルを購入するための借入。
 キャッシュフローが安定していれば良い借入です。さらに、現在支払っている家賃よりも、返済額や固定資産税額をおさえることが出来れば、経費の削減につながります。但し、いざと言う時の不動産の流動性(売却の
しやすさ)なども総合的に判断する必要があります。
 
■ 銀行の担当者が熱心にすすめてくる借入。
 資金を使うあても無いのに銀行の担当者が進めてくる借入は、もしもの為に備えた倒産回避資金として借入
すると良いでしょう。良い借入です。
 
■ 新たに店舗を出店するための借入。
 既存店舗のキャッシュフローで新店舗出店資金の返済が出来るのであれば、安心して挑戦できます。良い借入です。既存店舗のキャッシュフローはトントンで、新店舗の見込みキャッシュフローで返済を考えている場合や、既存店舗が赤字で新店舗の出店で逆転を考えている場合は、借入のリスクが高まります。
 
■ 売上の減少を補うための借入。
 人件費等の経費が支払えない状態は赤字の可能性が高いです。「受注が既に決まっていて数か月後には入金が見込まれる」「保証金の戻りが決まっている」など、返済の目処が明確であれば急場をしのぐために借入を
あてることができます。
しかし、返済の目処が無い場合は良い借入とは言えません。
勇気は要りますが、リスケなどで対応するのが良いでしょう。
 
借入は、倒産を回避し事業を拡大するためのツールです。
大きなリスクも当然ありますが、リスクだけを見ていては事業が伸びません。良い借入を積極的に活用して
ください。
 
〇 銀行対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。
  お気軽にご相談ください。
〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。
 
あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0120-319-133
PAGE TOP